先進国アメリカのバスの実態

先進国のアメリカは、何でも便利で進んでいると思ったいたのですが、実はそうではありません。
留学費用が比較的高いロサンゼルスでバスに乗った時に、かなり不便だった事に驚きました。

日本のバスというのは、両替機がついてるのが当たり前なので、小銭を持っていなくても両替して運賃を払う事ができます。
でも、アメリカのバスには両替機が付いていないので、バスに乗る時には小銭を用意しておかなくては行けません。
もしくは、1日乗車できるような券を買わなくてはいけません。
すべての州のバスが同じなのかはわかりませんが、私が住んでいるカリフォルニア州のバスは、そのようなシステムです。

私が初めてバスに乗った時、小銭を持っていませんでした。
両替して欲しいと運転手に伝えたら、乗客で誰か両替してくれる人がいないか聞いてくれ、と言われました。
恥ずかしいしそんなこと聞けなくて戸惑っていたら、運賃は入らないから乗っていいよと言われました。
アバウトなところが実にアメリカらしいと思いました。

アメリカ留学をする目的の決め方

アメリカに留学するメリットは英語などの語学を学べることだけでなく、日本とは違った環境で生活ができることです。現地で学ぶ方法は学校に通いますが、ホームステイなど安心して泊まれる方法を探すことが求められます。語学は文法の使い方だけでなくコミュニケーションができるようにしたいもので、どのように学ぶか考えて計画を立てることが大事です。

海外留学は現地への交通費や学費、生活費など多くの出費が必要で、事前に見積もりの内容を確かめて金銭計画を立てる方法が望ましいです。留学エージェントは現地での生活の方法や学び方のコツをアドバイスしてくれるため、信用できることを確かめて決めると安心できます。

アメリカ留学をする目的の決め方は就職など今後の人生につながるように考え、限られた時間の中で多くのことを吸収できるようにしたいものです。現地で学ぶコツはコミュニケーションをすると分かりやすくなり、人と話す楽しさを実感すると効果があります。

初めてのアメリカ留学ならシアトルがお勧め

初めての留学、どこの国に留学するかを決めるのはとても難しいことですが、日本人に対して好意的な人が多く、英語のなまりが少ない、治安が良い、勉強以外にも歴史的にも商業地としても魅力がある場所と考えると語学留学のメッカであるハワイまたはシアトルがおすすめです。

 

シアトルと言えばシアトルマリナーズを思い浮かべる人も多いと思いますが、ベースボールを通じて日本人の謙虚さや細やかさは認知され留学生としても受け入れたいと考える人が多い場所でもあります。シアトルの郊外には世界有数の高級住宅地もあり、富裕層や著名人も多く住んでいます。

 

海、山、湖に囲まれ自然豊かでありながら都会的な部分も楽しむことが出来るシアトルは、ワシントン大学をはじめとして大学がいくつかあります。短期から長期留学にも対応しており、個々に合わせた留学プランを組み立てるのには最適です。

 

ただし、治安が良いシアトルとはいえ、慣れない土地に来た際には周りに気を配る事が大切です。とくにダウンタウンや知らない路地には気軽に入り込まないことが楽しい留学生活を送るうえで重要となります。

食を存分に味わいたいのならアメリカ留学

「おいしいものをたくさん食べたい!」と、思うのならば、アメリカ留学はやっぱりニューヨークという大都会をオススメします。のんびりと田舎の街でアメリカ留学もいいですけれど、若い時こそ刺激が欲しいというものでしょう(私が無料留学エージェントを活用してアメリカ留学をした高校、大学時代の周りの子はそのような傾向がありましたので)。だからこそアメリカ留学ならば、ニューヨークをオススメしたくなるんです。

 

だって、ニューヨークは小麦粉の種類にしてもたくさんあるんですから。マフィンの色にしてもとてもカラフルですよ。この言葉はあまり使いたくはないですが、ニューヨークの飲食店はインスタ映えすると思います。女の子がときめいてしまうような色使いのフードが盛りだくさんですからね。

 

そんなことを言いますと、身体に悪そうなものばかりかと思うかも知れませんが、ニューヨークはさすがの大都会ですから、ベジタリアンにも対応したフードも盛りだくさんですよ。レストランでもベジタリアン向けのメニューが当たり前のように用意されていますからね。

 

食べ物にしても、ニューヨークはさすがの大都会だということを実感することでしょう。生活の基本とも言える「食」を存分に味わいたいのでしたらアメリカ留学はニューヨークをオススメします。